詳細情報

[公共・生活]
広島県物産陳列館のほぼ真上、上空600mえ原子爆弾がさく裂
1945年8月6日午前8時15分17秒(日本時間)、アメリカ軍のB-29爆撃機「エノラ・ゲイ」が、建物の西隣に位置する相生橋を投下目標として原子爆弾を投下した。投下43秒後、爆弾は建物の東150メートル・上空約600メートルの地点で炸裂した。
特色 深夜 休日対応 駅近 公園 英語対応 観光
主要内容 1915年(大正4年)に完成した広島物産陳列館として完成した、現原爆ドームはほぼ真上で原爆したにm関わらず建物としては残った。残った理由としては、屋根がドーム状になっていて銅で出来ていたこと、窓が多く爆風を逃がす役割を果たしたこと、ほぼ真上であったことが理由と言われている。8月6日は原爆の日として、核兵器廃絶と世界の恒久平和実現を願う「ヒロシマの心」を訴える市長の平和宣言が出され、世界各国に送られている。
所在地 〒173-0005
広島県広島市中区大手町1丁目10 原爆ドーム前
地図
アクセス 広電原爆ドーム
アストラムライン本通駅
URL http://www.city.hiroshima­.lg.jp/www/dome/inde­x.html 
詳細説明
平和記念公園内にあり、観光の名所として有名
現在ではアメリカの方の観光客も多く、世界の非核化運動の広まりが期待できる。多くの人々の寄付によって修復され、運営されています。戦争による唯一の被爆国である日本(広島市)はこれを永久に保存しています。
QRコード
戻る

広告

このページのトップへ