詳細情報

[娯楽・芸術]
長谷川 伸(はせがわ しん)は日本の小説家、劇作家である
神奈川県横浜市(日ノ出町)の土木業の家に生れる。実母は横浜市泉区の出身で幼少期から別れて暮らし、後年『瞼の母』エピソードとして知られる「再会」を果たした。戦後侍従長を務めた三谷隆信の母親でもある。

実家が没落したため船渠勤め等に従事。明治44年(1911年)から都新聞社(現・東京新聞)の演芸欄を担当する記者となる。

大正3年(1914年)前後に「講談倶楽部」や「都新聞」に山野芋作のペンネームで小説を発表しはじめ大正11年(1922年)以降、長谷川伸のペンネームで作品を発表するようになる。大正14年(1925年)には大衆文芸を振興する「二十一日会」の結成へ参加し大正15年(1926年)都新聞社を退社後、作家活動へ専念した。昭和2年(1927年)、江戸川乱歩、土師清二、小酒井不木、国枝史郎らと「耽綺社」を設立、昭和8年(1933年)の「二十六日会」結成など大衆文芸や演劇の向上を目的とした活動においても知られるようになる。また主宰していた文学学校(勉強会)「新鷹会」の門下生には長谷川幸延、村上元三、山手樹一郎、山岡荘八、戸川幸夫、平岩弓枝、池波正太郎、西村京太郎らがおり、大衆文芸・演劇などに多大な活動をしてゆく。

昭和38年(1963年)、死去。79歳没。昭和41年(1966年)に長谷川伸賞が設立された。
特色 24時間 屋外
所在地 〒231-0066
神奈川県横浜市中区日ノ出町
地図
アクセス 交通:京浜急行線日ノ出町駅から徒歩2分
詳細説明
長谷川伸の略歴
大正3年(1914年)前後に「講談倶楽部」や「都新聞」に山野芋作のペンネームで小説を発表しはじめ大正11年(1922年)以降、長谷川伸のペンネームで作品を発表するようになる。大正14年(1925年)には大衆文芸を振興する「二十一日会」の結成へ参加し大正15年(1926年)都新聞社を退社後、作家活動へ専念した。昭和2年(1927年)、江戸川乱歩、土師清二、小酒井不木、国枝史郎らと「耽綺社」を設立、昭和8年(1933年)の「二十六日会」結成など大衆文芸や演劇の向上を目的とした活動においても知られるようになる。また主宰していた文学学校(勉強会)「新鷹会」の門下生には長谷川幸延、村上元三、山手樹一郎、山岡荘八、戸川幸夫、平岩弓枝、池波正太郎、西村京太郎らがおり、大衆文芸・演劇などに多大な活動をしてゆく。

昭和38年(1963年)、死去。79歳没。昭和41年(1966年)に長谷川伸賞が設立された。
QRコード
戻る

広告

このページのトップへ