検索結果

3件中 1~3件を表示
松江城
島根県松江市殿町1-5

地図
概要 小瀬甫庵の縄張りによる平山城で、江戸時代には松江藩の藩庁として、出雲地方の政治経済の中心となった。
明治時代初頭に廃城令によって存城処分(陸軍省所管)となったため、城内の建物は国から買い戻された天守を除いてすべて払い下げられ、撤去された。昭和初期に城山部分は公園として解放され、現在は指定管理者制度に則り、特定非営利活動法人松江ツーリズム研究会が運営をしている。
城跡は、松江城山公園として利用され、また江戸時代初期建造の天守が現存する。天守は山陰地方の現存例としては唯一である。標高29メートルの亀田山に建つ天守からは宍道湖を眺望することができる。
また、この城には天守雛形が残されている。江戸時代制作の天守雛型が残るのは8城あり、松江城もその1つで、国宝5城の内では唯一の雛型である。そのほか、天守内部には松江市街のミニチュア模型が展示されている。

(Wikipediaより引用)
利用日時 本丸開館時間
4月1日~9月30日 : 7:00~19:30
10月1日~3月31日 : 8:30~17:00

登閣時間
4月1日~9月30日 : 8:30~18:30(登閣受付は18:00まで)
10月1日~3月31日 : 8:30~17:00(登閣受付は16:30まで)
電話番号 0852-21-4030
URL http://www.matsue-tourism.or.jp/m_cast­­le/index.html 
出雲大社
島根県出雲市大社町杵築東195

地図
概要 二拝四拍手一拝の作法で拝礼する。明治維新に伴う近代社格制度下において唯一「大社」を名乗る神社であった。創建以来、天照大神の子の天穂日命を祖とする出雲国造家が祭祀を担ってきた。現在の宮司は84代国造千家尊祐で、國學院大學を卒業後太宰府天満宮を経て出雲大社禰宜→権宮司と昇格すると、2002年(平成14年)宮司に就任し翌年神社本庁より神職身分特級を拝受している。また、宮司の正服の紋様は神社本庁の定める黒綾文輪なし裏同色平絹ではなく黒綾にご神紋である二重亀甲剣花角の文様を練り込んだものであり他に類を見ない。現在も、皇室の者といえども本殿内までは入れないしきたりを守り続けている。約60年に一度行われている本殿の建て替えに際して、神体が仮殿に遷御された後に、本殿の内部及び大屋根が公開されることがある。

(Wikipediaより引用)
電話番号 0853-53-3100
URL http://www.izumooyashiro.­or.jp/ 
国賀海岸
島根県隠岐郡西ノ島町浦郷

地図
概要 約13キロに亘って200ないし250メートルの大規模な海蝕崖が発達する断崖絶壁で、特に高さ257メートルの摩天崖は国内最大級の海崖として知られ、同海岸の中心的存在となっている。崖の上にはかつて第二次世界大戦中日本海を航行する艦船の監視所が作られ、その跡が今も残っている。そのほか、鬼ヶ城、天然の洞門である通天橋など豪快にして勇壮、かつ大規模な奇勝が見られる。その一方で地上には牛馬が放牧されている牧草地となっており、非常に穏やかな光景を見せ、対比的な景観となっている。その東方には高さ100メートル級の東国賀海岸がある。
大山隠岐国立公園に指定されており、隠岐地域のハイライトの一つ。しかし、交通アクセスが不便なことなどもあり、周辺の観光施設等の数はそれほど多くない。

(Wikipediaより引用)
電話番号 08514-6-0021
3件中 1~3件を表示

広告

このページのトップへ