詳細情報

[娯楽・芸術]
由緒
 茶の木神社の御祭神・倉稲魂大神は、下総佐倉藩
主の掘田家の中屋敷の守護神として祀られていまし
た。
 屋敷および周囲の町方に永年火災が起らなかった
ため、火伏せの神として崇められていました。
 そして、昭和60年に茶の木神社は日本橋七福神の
布袋尊を合祀しました。
特色 駅近
主要内容 参拝、日本橋七福神巡り
利用日時 例祭日:5月22日
所在地 〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町1-12-10
地図
アクセス 東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅より徒歩で約2分
東京メトロ日比谷線 人形町駅より徒歩で約4分
都営地下鉄浅草線 人形町駅より徒歩で約4分
詳細説明
布袋尊
 布袋様のルーツは唐の時代の高名な中国禅僧・契此。
 丸い頭にふくよかなお顔、布袋腹と呼ばれる大きなお腹が皆から喜ばれました。
そんな布袋様のほがらかなお姿を目にした庶民たちが、布袋様を弥勒菩薩の化身と信じ、親しく尊崇したのだといわれています。

(七福神とは...(http://www.tcbnavi.com/7fukujin/ex/)より)
QRコード
戻る

広告

このページのトップへ