検索結果

32件中 1~5件を表示
2  3  4  5  次を表示» 
上野の森美術館
東京都東京都台東区台東区上野公園 1-2
上野の森美術館

[アクセス]
JR上野駅 公園口より徒歩3分 東京メトロ・京成京成電鉄 上野駅より徒歩5分
地図
概要 西郷隆盛像の近くにある上野の森美術館は、、1879年(明治12年)に設立された公益財団法人日本美術協会が設置する美術館として1972年(昭和47年)にフジサンケイグループが開館しました。公募展や、海外の美術館の所蔵品を借り受けての特別展などが随時開催されています。2019年1月1日〜6月30日の期間に開催された「フェルメール展」では、2019年の上半期展覧会入場者数でトップの68万3485人が訪れました。(美術手帖、wikipediaより)
特色 駅近 車イス対応
主要内容 絵画、芸術
利用日時 10:00~17:00 (入場は閉館30分前までに)
不定休(展示により異なります。)
電話番号 03-3833-4191
松島神社
東京都中央区日本橋人形町2丁目15−2

[アクセス]
東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅より徒歩で約2分
東京メトロ日比谷線 人形町駅より徒歩で約5分
都営地下鉄浅草線 人形町駅より徒歩で約7分
都営地下鉄新宿線 浜町駅より徒歩で約10分
地図
概要 松島神社は、中央区日本橋蛎殻町にある神社です。松島神社の創建年代は不詳ですが、口伝によると鎌倉時代の元享(1321)以前に、柴田家の祖先が下総の国からこの小島に移り住み、邸内に諸神を勧請したと推測されています。天正13年(1585)に邸宅を公開した際、島内が松樹鬱蒼としていたことから松島稲荷大明神と称され、江戸時代に当地付近が松島町と名付けられたといい、明治7年には松島稲荷神社として村社に列格していたといいます。日本橋七福神の大国神です。(猫のあしあとより)
特色 駅近
主要内容 参拝、日本橋七福神巡り
利用日時 例祭日:5月15日 / 11月酉の日
電話番号 03-3669-0479
URL http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/syouk­ai/02_chuou/2005.htm­l 
笠間稲荷神社東京別社
東京都中央区日本橋浜町2-11-6

[アクセス]
都営地下鉄新宿線 浜町駅から徒歩で約3分
都営地下鉄浅草線 人形町駅から徒歩で約5分
東京メトロ日比谷線 人形町駅から徒歩で約5分
地図
概要 笠間稲荷神社東京別社は、日本三大稲荷のひとつ茨城県笠間稲荷神社の東京別社です。江戸時代末期に笠間藩主牧野貞直公が、本社より御分霊を奉斎して建立されたといいます。紋三郎稲荷とも称されるといいます。(猫のあしあとより)
特色 駅近
主要内容 参拝、日本橋七福神巡り
利用日時 開門:午前七時より午後十時まで
例祭:十一月十五日
電話番号 03-3666-7498
URL http://www.kasama.or.jp/t­op/index2.html 
植村冒険館
東京都板橋区蓮根2-21-5

[アクセス]
都営三田線蓮根駅〔駅番号:I-23〕より徒歩5分
地図
概要 たったひとり厳しい自然のなかで行動を続けた冒険家・植村直己は、その生涯をかけて人間の可能性に挑戦し続けました。

どのような状況におかれても、人間らしい豊かな心で目標に向かって努力する彼の冒険家精神。この「ウエムラ・スピリット」を永く後世に伝えるために、(財)植村記念財団は1992年(平成4年)に板橋区によって設立されました。

財団では植村さんのご家族から譲り受けた装備や、彼の活動を伝える写真の展示をはじめ、冒険に関する図書の閲覧(情報コーナー)や自然を体験する事業(自然塾)などを行っています。
(植村冒険館ホームページより)
特色 駅近 入場無料 屋内
利用日時 毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、年末年始は休館
永久稲荷神社
東京都中央区日本橋箱崎町22-11

[アクセス]
水天宮前駅から徒歩2分
距離 約120m
地図
概要 小さな社の永久稲荷神社。
そこにあると知らなければ見逃してしまうほどにちいさな永久稲荷神社は、人通りの少ない場所にたっている。
普通の神社とは少し雰囲気が違う。
神社を探しに外へいくのもいいかもしれない。
特色 駅近 入場無料 屋外
主要内容 参拝
利用日時 24時間
32件中 1~5件を表示
2  3  4  5  次を表示» 

広告

このページのトップへ